プロフィール

上西美帆 Miho Jonishi

Author:上西美帆 Miho Jonishi
ジョウニシミホ。
北海道出身。

Twitterはコチラ↓
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Facebookはコチラ↓
Miho Jonishi

Create Your Badge
< My Website>
http://www.mihojonishi.com/

学生時代は医療の道を志し就職するも、海外滞在中初めてJazzに触れ、その即興性に大きく刺激を受ける。
帰国後、札幌市内のSessionへの参加をきっかけにJazzに傾倒し、札幌にて自身のBandで半年間活動後、より深い音への誘惑にかられ、NewYorkへ単身渡米。その後は活動拠点を東京へ移し札幌と東京にてライヴハウスやJazzBar、イベント等で活動中。
2011年に再渡米し、Berklee College of MusicのLisa Thorson、 Bob stoloff、そしてColumbia Universityの‎Christine Correa‎に師事。歴史的なJazzプログラム「Jazz In July」では奨学金を取得し、師Sheila Jordanの指導のもと、アメリカでのパフォーマンスを成功させる。帰国後、東京を拠点として各地活動を再開中。
旅好き。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク

たっぷりTAP!デイ&ナイト☆

12月!

先日の、皆既月食で、
てんやわんやフィーリングもなんだかやんわりです。
宇宙の余韻にひたっております。

寒くなると、自然と身体はエネルギーを欲しますね。
先日、おいしい玄米オニギリをいただきまして。
お店の人に、
「(大きさは)普通くらい?大きいのがいい?」
と、聞かれて・・・
玄米おにぎり
「おっきいやつ!笑」
と元気よく答えた私なのでした。

さあてさて。
いよいよ今週は、SAPPORO TAP ENSEMBLEです。
今年は、NewYorkでも、ご一緒させてもらったつぶらちゃんと、
札幌でもチラチラ一緒!
彼女とステージに立つと、ワクワク感があふれます。
ウッカリしなやかな足先から奏でられるTAPサウンドにココロ奪われて、
自分が歌うのを忘れそうになるくらい(←ダメか!笑)

Tap201112.jpg

SAPPORO TAP ENSEMBLE第二弾!
『去年、SUJITAPを交えて行ったタップダンスの舞台、「SAPPORO TAP ENSEMBLE」。
今年はAKKINも加わり更にパワーアップして帰ってきました。
札幌を拠点に活動するタップダンサー「吉田つぶら」がプロデュース!』

Tap201112-2.jpg

普段、Jazzのステージに立つことが多い私にとって、
Tapダンサーの方々と同じステージに立って歌うというのは、
本当に学ぶ事も多くて、嬉しいひとときです。
普段のステージとはまた違った、つぶらちゃんの世界で泳ぐ私が見れます(微笑)

昼の部と、夜の部がありますので、
札幌で、本格的なタップのステージが見れる数少ないチャンスを
お見逃し無く。

12月17日(土曜日)
①14:00開場 14:30開演   
②18:00開場 18:30開演
場所…生活支援型文化施設 コンカリーニョ
   札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1F(JR琴似駅直結)
出演…SUJITAP、AKKIN、吉田つぶら、SAPPORO TAP ENSEMBLE
    (芦原 ちず乎、柏野由理恵、加藤留美、木村英輝、今桐子、
     西東裕紀子、杉森千文、佐藤純子、染谷ナオ、平山絵里子、鮒田玲奈)
     齊藤桃子(pf)、瀬尾高志(b)、竹村一哲(drs)、上西美帆(vo)
料金…3500円(前売)/4000円(当日)
     ちけっとぴあナンバー(Pコード413-514)           

翌日の日曜には、
「SUJITAP」と「AKKIN」によるワークショップ(12月18日日曜日)も開催決定。
******************************************

なんだか、最近、
もっともっと思いっきり飛び込みたい衝動にかられます。
Taro Okamoto-1

先月訪れた、岡本太郎氏の企画展。
会場を退出する直前に「岡本太郎の言葉」なるものが1つもらえるシステム。
太郎さんの言葉が書かれた紙が大量にくじ引きBOXの中に入ってて、
そこから1つひいて、中を開けると、

「他人が笑おうが笑うまいが、自分の歌を歌えばいいんだよ」
と書いてあって、

驚いたと同時に笑顔全開!

太郎さん、ありがとう。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント